コスト1/10のプリンタインクを導入してみる

by cekilala on 10月 5, 2009


Warning: Illegal string offset 'keywords_time' in /home/note/cekilala.com/public_html/blog/wp-content/plugins/internal_link_building-v-2-1/internal_link_building.php on line 118

うちではレーザープリンターをメインで使用しているので、あまり使用せずに眠っているエプソンのインクジェットプリンタG4500

をこの際改造してみた。

ダイコーというメーカーのCISUお手軽連続インク供給システムEPSON用ICBK50/ICC50/ICM50ICY50/ICLC50/ICLM50詰め替えインクキット価格12,800円 (税込)というものを解説通りにプリンタをちょっと改造してセットするだけなので簡単。購入時は壊してしまうのを覚悟してましたが、取り付けてみるとプリントのカラーも純正と遜色なく問題なく100枚くらい写真用紙で綺麗なプリントが出来ています。今まではたくさんカートリッジを交換していたのにこれだとインクもあんまり減っている気がしません。

今の技術でインクの成分分析をすれば同じものが作れるだろうから遜色ないのも当然かもしれませんね。



インクタンクが別にあるのでインクの補給が楽です。

各インク100mlで780円(税込)1mlあたり7.8円。純正が1mlあたり130円くらい。プリンタ代がすぐ浮く感じですね。

エプソンだとPM-G850/PM-G860/PM-G4500/EP-301,PM-G730/G720/G700,EP-801A/EP-901A

キャノンやhp、ブラザーでもお手軽連続供給システムに対応したモデルがあるのでそれにあわせたプリンター購入を考えるとインク代をあまり気にせずプリントできていい感じですね。

image7



Leave your comment

You must be logged in to post a comment.