Cekilala流 簡単 本格インドカレー

by cekilala on 5月 30, 2009


Warning: Illegal string offset 'keywords_time' in /home/note/cekilala.com/public_html/blog/wp-content/plugins/internal_link_building-v-2-1/internal_link_building.php on line 118

今日はひと家族が遊びに来たので、いつも喜んでもらっているカレーでお出迎え。このお宅へのカレー接待は4.5度目。一度は出張カレー。

うちで作るインドカレーのざっとした作り方をご紹介。意外と適当で簡単でウマー。

e382abe383ace383bc1

スパイスは12種類くらい。シードとパウダーをそれぞれ使います。基本的には4種類くらい(ターメリック・パプリカ・クミン・コリアンダー)があればおいしく出来ます。うちではさらにレッドペッパーorカエンペッパー・アジョワンシード・フェンネルシード・カロンジ・ペッパー・マスタードシードなどを使います。インドでも各家庭、地方で違うようです。インドのカレーは日本におけるお味噌汁のようなもの。

割合はターメリック大さじ1・パプリカ大さじ2・クミンシード小さじ1・コリアンダーパウダー小さじ1・あとはそれぞれ小さじ1/2ずつ使います。

チキンとじゃがいものカレーとなすのキーマーカレーを作っていきます。量はお店換算でいうと15人分くらいです。

e382abe383ace383bc2

↑ まず、多めの油を火にかけ、スパイスのシードのものを炒めます。油に香りを移します。ここから最後まで鍋の火は強火で。

e382abe383ace383bc3

↑ スパイスがプチプチ鳴ってきたら、ショウガとニンニクをお好みで加えます。うちの場合はかなり多め。辛いのが好きな人はここで唐辛子をいれます。

e382abe383ace383bc4

↑ しょうがとニンニクに軽く色がついてきたら、たまねぎのみじん切りを加えます。これも好みですがうちはかなり多め。甘みが増します。

e382abe383ace383bc5

↑ タマネギに火が通ってきたら、パウダー系のスパイス・塩を投入。

タマネギの火の通り具合はお好みで。堅いのが好きならば少し炒めて、たくさん甘みを出したければ、飴色になるまで焦がさずに炒めます。

e382abe383ace383bc6

↑ たまねぎを炒めたら、トマトを投入。うちではホールトマトの缶詰を2缶使いました。4〜8人分くらいでは1缶で十分。

e382abe383ace383bc7

↑ 実は同時にカレーを2品つくる”ずぼら”作戦です。途中から材料が二手に分かれます。こちらはキーマーカレー。別の鍋で挽肉を炒めます。

e382abe383ace383bc8

↑トマトの水分が無くなってきたところでこの状態のものをおたまで4杯ぶんくらいキーマーカレーの方へ移籍します。そうしたところでこちらにはチキンを投入します。チキンはお酒につけておきました。ヨーグルトやスパイスで下味をつけておいても良いです。

e382abe383ace383bc9

↑  挽肉を炒めて、トマトの煮込み状態のものが移籍してきた状態です。これらを軽くなじませて

e382abe383ace383bc10

↑ なすを投入。なすは水にすこしさらしてあく抜きをしておきました。この時点でフライパンにしておけばよかったと気づきましたが時は既に遅し。このままナスに火が通れば完成。最後に香り付けにガラムマサラを加えます。※ガラムマサラはインドのミックススパイス。各メーカー、香辛料店で配合も値段も違います。なくてもかまいません。

e382abe383ace383bc11

↑ チキンに火が通ったらじゃがいもを入れます。

e382abe383ace383bc12

↑ じゃがいもにかるく火が通ったら水を加えます。もったりとした濃いカレーが好きな人は水を加えなくてもかまいません。量はお好みで。

e382abe383ace383bc13

↑ アクが出てくるのですが、そのまま焦がさないよう煮込みます。そうするとアクが消えてなくなります。それが完成の合図です。一応の完成を見せましたが、ココナッツ風味にして欲しいというリクエストがあったのでココナッツミルクorココナッツパウダーをお好みで入れます。ついでにヨーグルトも入れました。南インドの雰囲気です。塩味の調整もします。

e382abe383ace383bc14

↑ 最後にガラムマサラを入れて完成。

e382abe383ace383bc15

↑ 実は裏でナンをつくっていました。今回は全粒粉100%でつくったので、あまりふくらまず……原始パンの様。でも焼いたそばから無くなっちゃいました。子供はナンがおいしいとそれだけをいっぱい食べていたり。なので焼いた写真なし。

e382abe383ace383bc16

↑ 仕上がりはこんな感じ。大人4人・子供2人で15人分くらいの量を食べちゃいます。今回ももうお鍋にほとんど無し。いつも通り、大盛況でした。

e382abe383ace383bc17

↑ 食べ終わって子供はみんなでテレビ。みいつけた!を観ていました。その後公園へ。

うちではこんな感じでカレーを作っています。結局、カレーを作るよりもブログの記事にする方が大変でした。もうやんない。

不安な人はこの本を借りてみたりするといいでしょう。
最初に少し参考にしました。



インド料理レストラン ラニのホームページも参考になります。



Leave your comment

You must be logged in to post a comment.