紙トーーク

by cekilala on 10月 15, 2009


Warning: Illegal string offset 'keywords_time' in /home/note/cekilala.com/public_html/blog/wp-content/plugins/internal_link_building-v-2-1/internal_link_building.php on line 118

先週は平和紙業さんにおいでいただき、新商品の紹介や改廃商品の案内などをしていただいた。

新商品の新北斎や新色や斤量が増えたハイジェントル、ソルジェンテ、好きでよくつかうハーフエア、7月発売のOKカイゼルとOKプラスター、帯や見返しに使える紙の見本など。

まだ製紙業界のトレンドはエコっぽい感じと白色度の高いダル調のようで、似たような紙を各社でたくさんつくっていることに関して私はもういいかげん食傷気味なのですというようなことを申し上げさせていただいた。

その割にペンディングになっている案件で使用予定だったお気に入りの高級マット紙(東京洋紙協同組合のクリアバルキー)が製造中止になったとわかったりして心中穏やかではありません。プレゼンを通ってしまっているので同じような価格で似たような発色の紙あるかなと…。

まあしかし業界としては古紙偽装などの一連の問題などがようやく落ち着きそうな様子なのでなによりです。紙の名前や斤量がいろいろ変わりリセットされて使う側としては古い情報しかしらないとそんな紙や斤量はありませんと言われてしまいそうですが…。実際についこの前書籍で使用した旧嵩百合シリーズがいつのまにプラナスホワイトやプラナスクリームと変わっていてこれも偽装の影響なのねと思ったりしました。

個人的に興味のある紙と印刷では、ハーレムブラックとかの漆黒の紙にさらにスーパーブラックで印刷しさらにUV圧盛りのどろどろのオイルを塗ったような感じの表現になる印刷をしたり、白の紙に2色の偏光パールインクをつかって角度によって真っ白に見えたり目眩がするような幾何学模様がみえたりするような印刷をしたりPPと紙の間に何か混入出来ないかなとか意味無いかもしれないですがPP二枚張りとかとかですかね。こんな事を考えても仕事でこのようなコンセプトと予算のものに出会える確立は全くないので結局個人的にやるしかないのですが…。

他に紙関係では最近封筒メーカーでがんばっているところを見つけたのでこれまた個人的な所からおもしろいものを考えていきたいなと思うところです。

竹尾さんでは見本帳本店でセルフマネーデザインという展示をやっています。2009年10月13日(火)~ 11月13日(金)まで。DMをいただきました。

そういえば、先月ご都合の合わなかった吉川紙商事さんには時間を見つけてご連絡しなければ…(汗





特殊印刷・加工見本ツール Rhino[ライノ](BUG BOOK)
ちょっとほしいこのアイテム


デザインのひきだし 8―プロなら知っておきたいデザイン・印刷・紙・加工の実践情報誌
最新刊出ましたね チェックしないと。



Leave your comment

You must be logged in to post a comment.