空から降る1億の爆弾

by cekilala on 9月 10, 2009


Warning: Illegal string offset 'keywords_time' in /home/note/cekilala.com/public_html/blog/wp-content/plugins/internal_link_building-v-2-1/internal_link_building.php on line 118

屋外広告

屋外の電飾看板とか屋外の広告物のメンテナンスをしている所を見たことがない。

数年ごとに落下事故が起きて死者やけが人が出てますけど、法律的にはどうなってるの?と池袋の駅前を空を仰ぎながら思った。

(看板 落下事故 で検索すると大小出てくる。)

潰れた個人商店の看板とか遠目で見ても「あのー、明らかに朽ちてますけどー、ちょっとしたはずみで落ちますよね?」っていうのも昔からの商店街だとちらほら存在する。

ちょっと調べてみたけれど、屋外広告物の管理ってきっとずさんですねー。死者が出てしかるべき。

屋外広告物/東京都都市整備局 東京を例にとると

屋外広告物の安全管理義務ってところを読むと

「看板等(広告物等)の設置には、原則として条例に基づく許可を受ける必要があります。(*)
広告物等の設置許可を受けた後に、継続又は変更許可申請をする場合、屋外広告物管理者の自己点検を受ける必要があります。」

これしかない。自己点検? 行政や法定の点検無いの? そんなの無いに等しいじゃない。義務でもなんでもないじゃない。

大地震が起きたら繁華街・オフィス街ではガラスと広告物といろんなものが落ちてきますね。きっと誰かが死んでも誰も責任をとりませんよね。早朝の阪神大震災でさえ少なからずあったはずですから。

台風が来てもよく落下事故とかありますよね。センター街の入口でもありましたね。

2004年の中央防災会議の被害想定では、最悪の場合は、「冬の夕方6時に地震が起こり、風速15メートルの風が吹く」場合。死者数最大のケースは、「新宿区直下でM6・9の地震が起きた」場合。建物や家具の下敷きで約3300人が死亡、
圧死を免れても火災で約8000人が犠牲に。この他、
落下物に当たって死亡する約1000人など合わせて、死者数は約12000人

こんなんでいいの? 果たして1000人で済むかな? 二年に一度の法定点検の義務化とかしないとまずいんじゃない?

ほとんどが無防備で歩いている人の真上にあるんだよ。

あんなものにギロチンされるのだけはいやだなぁ。マツキヨの「薬」の字に潰されて死んだらしゃれにもならない。


屋外広告物法



Leave your comment

You must be logged in to post a comment.