今年のミュージック ベストバイ

by cekilala on 11月 27, 2010


Warning: Illegal string offset 'keywords_time' in /home/note/cekilala.com/public_html/blog/wp-content/plugins/internal_link_building-v-2-1/internal_link_building.php on line 118

今年のミュージック ベストバイ

ビリオン・ヴォイシズ
七尾旅人


七尾旅人×やけのはら – Rollin’ Rollin’
http://www.youtube.com/watch?hl=ja&v=FMoepMqukZQ
視聴はこちらで




商品の説明
内容紹介
何億もの声が一気にあふれ出した21世紀に、七尾旅人が放つ渾身の一声!
音楽のきらめきに満ちた最高傑作。
大人気のRollin’ Rollin’、検索少年、どんどん季節は流れて、そしてUAにカバーされた私の赤ちゃんを含む、名曲ばかりの全14曲。

2010年、来るべきものbillion voices
今、七尾旅人ほどアルバムが待ち望まれている音楽家が他に居るだろうか?

ほぼノンプロモーションにも関わらず、発表されるやいなや、全国のレコード店、ライブハウス、クラブ、フェス、あらゆる現場から熱狂を持って迎えられた2009年の奇跡、七尾旅人×やけのはら名義のシングル “Rollin’ Rollin’”から約半年。
独力で作り上げられた3枚組の超大作“911fantasia”リリース以降、アコースティックギター片手に全国で歌い続けるうちに、あるいはアンダーグラウンドの猛者たちとガチの即興対決を繰り返すうちに出会った最高の仲間を迎え、初期からのファン、そして百人組手やRollin’ Rollin”で七尾を知った新しいファンの期待も受け止める、入魂のマスターピースがついに完成。
冒頭3曲での奇跡的な幕開けから、一曲、一曲が絡まり合って新たに大きな歌が立ち上がる。
新システムDIY STARSを開発しオフィシャルHPからの自力配信を試みた七尾旅人が、CDパッケージという表現フォーマットが持つ可能性を再提示する。
前後の楽曲との連なりで新たな表情を見せる大人気の既発曲 “検索少年”、“Rollin Rollin’”、世界の片隅、あらゆる郊外の光と影を淡々とした筆致で描き出すハードコア?アフロ?フォー ク “シャッター商店街のマイルス?デイビス”、ジャズコンボが生み出す漆黒のグルーヴを強烈なシャウトが切り裂く “BAD BAD SWING!”、ディープなロッカバラード “あたりは真っ暗闇”、ライブで毎回大合唱を呼ぶグルーヴィンなラブソング“どんどん季節は流れて”、感涙の“1979、東京”、UAの最新作『KABA』にてカバーされた“私の赤ちゃん” 。 弾き語りというミニマムなアプローチから圧倒的に壮大な世界を描き出す七尾のライブの魅力がそのままパッケージされたような、名曲ばかりの全14曲を収録。
真新しい感動を生み出す、21世紀のポップアルバム。
ジャケットはフレーム内がくり抜かれた特別仕様!!!アルバムに封入されたイラストカードを紙芝居のよう差し替えらえます。
アーティストについて
七尾旅人is:
79年夏生まれのシンガーソングライター。
98年のデビュー以来、幾つかの問題作を発表。
07年9月11日には3枚組というボリュームで、驚異に満ちたインディペンデント・ミュージカル作品≪911ファンタジア≫を発売。
また、ライブパフォーマンスも圧倒的な存在感を見せつけており、自身ライフワークと位置付け全国各地で開催してきた弾き語り独演会≪歌の事故≫、全共演者と立て続けに即興対決を行う≪百人組手≫の二つの自主企画を軸に、各地のフェス、イベント、Ustでも伝説的ステージを生み出し続ける。
twitterで驀進中!!!Check it!


他に


マニフェスト/RHYMESTER
“Once Again”!!!!!
http://www.youtube.com/watch?v=EEayzNuYJHE
視聴はこちらで


2009/12月リリースなのでギリギリアウトなんだけど
□□□ /everyday is a symphony
http://www.youtube.com/watch?v=FYsZaKdwPNM
視聴はこちらで


Yes!!/さかいゆう
極上キラキラポップス
http://www.youtube.com/watch?v=SViJ_DfQ7XA
視聴はこちらで



残念ながら最近よくあるボーカル残しでメンバーフル脱退の結局ボーカルソロプロジェクト化になってしまったオトナモードのベストアルバム。
情熱大陸に松本隆つながりで出たりするなどありましたね、よく聞きました。
作詞作曲がほとんどボーカルさんなので曲作りに関しての他のバンドメンバーの存在意義は?みたいな所でこういうことがおこるんでしょうかね。

オトナモード/風になって
一番すきな曲を。


視聴はこちらで


最後に
Nujabes(ヌジャベス)氏が亡くなったのが非常に残念な事でした。ご冥福を祈りつつ、彼の残した音楽をこれからも聴き続けるでしょう



Leave your comment

You must be logged in to post a comment.